読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーマネー&ライフ

幸せな生活を送れるようにお金のことを中心に、日々の生活に役に立ちそうな事を書いていきます。

スポンサードリンク

給与明細の見方はこれに注目!!

給料・退職金 仕事とお金について

f:id:miumaga:20160513220337j:plain

働いている人のほとんどは、毎月の給料は銀行に振り込まれる人が多いと思います。給与明細も会社からもらっても、振り込まれる金額を確認するだけで細かいところまで確認しないという人も多いそうです。

 

給与明細には支給金額だけではなく、毎月の税金や何にいくら引かれているのかなども詳しく書かれています。

 

給与明細を細かく確認する事で毎月の収入を確認することが出来ます。自分が働いて稼いだお金がどのように計算されて支払われているか、きちんと把握するには給与明細の見方を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

 

給料は勤怠・支給・控除の3つで構成

会社からもらう給与明細は、勤怠・支給・控除の3つで構成されています。

勤怠は、出勤・欠勤日数などの勤務状況について、支給は、基本給をベースに会社から支給される各種手当などの金額が【総支給額合計】に記載されます。控除は、厚生年金健康保険などの社会保険料財形貯蓄、その他各会社で設定している組合費、持ち株会などの差し引かれる金額が記載されています。

 

 

確認後の給与明細は捨てずに保管

給与明細をもらって初めに確認する項目は、勤怠です。欠勤や遅刻などは支給金額に影響をするので、あらかじめタイムカードなどの出勤データと内容を照らし合わせましょう。特に、残業代は月ごとに変わるのでしかっりと確認しましょう。

 

支給の項目は、各種手当の金額が記載されています。資格手当や職務手当がこれに当たります。ここでの注意点は、資格を取ったあとや昇格したあとの初めての給料日です。

ごくたまに、事務方のミスで反映されていない事もあるのでしっかりと確認しましょう。

 

最後に控除の項目は、自分がどんな社会保険料や税金を払っているかを把握する事は大切です。最近は、企業側の雇用保険や年金などの未納トラブルがあった際の証明として給与明細は捨てずに保管しておくことが大切です。

 

 

給与明細の主な項目

f:id:miumaga:20170219074210j:plain

 

勤怠…その月の勤務時間や勤務日数

出勤・欠席・遅刻早退などのその月の労働時間が記載された項目。給与に大きく関わる項目なので、タイムカードなどの写しなどをあらかじめ用意をしてしっかりと確認をすると良いでしょう。

 
支給…会社から支給されるお金

勤怠に対して報酬が書かれているのが支給欄です。①~⑤までに記載されている、残業手当、通勤手当、資格手当などの各種手当基本給に加算されます。

 
控除…給料から天引きされるもの

給料からあらかじめ引かれるものが書かれている項目です。⑥~⑫までに書かれている保険料や税金など【法定控除】と⑬などの各種会社ごとの【その他の控除】があります。

 

残業手当

残業手当は、カウントの間違いに注意しましょう。基本的に、週40時間または、1日8時間を超える労働は25%増しの時間外労働手当、週1回の休日に労働した場合は、25%もしくは35%増しの休日労働手当が支給されます。

 

勤労手当

勤労手当は、各会社によって様々です。通勤手当の他に、寒い地方では暖房費として寒冷地手当が出たり、出張などがある場合は出張手当がある会社もあります。会社によって手当の内容は違うので明細で項目を確認しておくと良いでしょう。

 

社会保険料

社会保険料は4種類あります。【健康保険料】【厚生年金】【雇用保険】【介護保険料】です。介護保険料は、40歳の誕生日がある月の前月に介護保険料が天引きされます。

 
厚生年金

厚生年金には、国民年金が含まれています。国民年金から上乗せして支払うのが厚生年金のため、その分年金受給額が上乗せされるのです。

 

雇用保険料

失業保険や職業訓練給付金などに使われています。最近は、天引きをしておいて保険料を支払っていないケースもあるので、万が一の証明にも明細は取っておくことを進めます。

 

住民税

住民税の天引きは、前年度の収入に応じて課税されるので、2年目から天引きされます。よって、社会人1年目は原則天引きはありません。2年目の6月から天引きされます。税率は、各市町村によって違いがあるので、全国一律ではありません。

 

 

 

以上のように、給与明細の内容を読み解けるようになれば、これからのお金の管理や収入アップのヒントとなることでしょう。

 

 

happylifemoney.hateblo.jp

 

 

スポンサードリンク