読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーマネー&ライフ

幸せな生活を送れるようにお金のことを中心に、日々の生活に役に立ちそうな事を書いていきます。

スポンサードリンク

食器洗い乾燥機は節約になると言いますが、本当に節約になるのか?

節約術

f:id:miumaga:20161011201532j:plain

食器洗い乾燥機は、水の使用量が節約できるとよく言われていますが、イマイチ普及していないような気がします。

私は仕事柄一般家庭にお邪魔することが多いのですが、食洗器を使っている家庭のほとんどは、新築時についていたから使っているという人が多いように感じます。

 

改めて設置しようと思っても、色々な理由がありその敷居がまだ高いようです。

出始めの頃より価格も安くなり、洗浄力等の機能も飛躍的に向上しているのにどうしてなのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

初めに思いつくのが問題は設置場所の問題。後からつけられる卓上タイプの食洗器の場合、場所をとるためにキッチンの形状により設置が困難な事もあります。

 

次は好みの問題で、家族が少ないので手洗いで十分だ、機械に任せるのは不安と言った意見もあるようです。

 

そして、一番の問題はランニングコストの問題です。

食器洗い乾燥機は水の使用量が手洗いの5分の1】と言う歌い文句をよく見ます。しかし、食洗器を動かすには電気もかかる専用の洗剤が必要となるので、結局は水の使用量が減っても他でコストがかかるのでは?と思う人が多いのです。

 

実際に食器洗い乾燥機は【本当に節約になるのか?】を考えみましょう。

 

 

公式のデータから見る食洗器の経済性

公式のデータを見れば圧倒的に食器洗い乾燥機を使用した方が節約になると書かれています。

 

省エネルギーセンターの「家庭の省エネ大辞典」によると、1年間のコスト差は

 

手洗い 23,470円

食器洗い乾燥機 14,020円

年間差額9,450円

 

となっています。

この試算条件は以下の通りです。

 

  • 給湯器温度40度
  • 使用水量65L/回(冷房期間は、給湯器を使用しない)
  • 手洗いの場合と給湯接続タイプで標準モードを利用した食器洗い乾燥機の場合(手洗い、食器洗い乾燥機ともに2回/日)

 

ちなみに65Lの水量というのは、水道を5分強流していると出る水の量です。

この試算を見る限りでは、食洗器のランニングコストは安いと言う事になります。

 

 

なぜ食洗器はランニングコストが安いのか?

食器洗い乾燥機は、水を噴水のように噴射して食器の汚れを落とします。この水は庫内で循環させて使うため、非常に使用する水が少なくすみます。しかし、使用する水の量が少なくなったとしても、その水道代のみでこれだけの差が出るわけではありません。

 

それでは、どこで差が出てくるのか?

 

それは、【ガス代】です。

 

手洗いの場合は、夏の暑い時期を除きほとんどがお湯を使用して食器を洗っていると思います。このお湯の使用がコスト増の原因です。

 

例えば蛇口から出るお湯を1日1分間だけ節水した時の年間の節約効果は、水道代が1,000円、ガス代が1,980円、トータルで2,980円となります。給湯器の湯を使っている場合には節水をすることがイコール倍近い金額のガス代の節約になっているのです。

 

ですから、夏冬通してお湯を全く使わず食器を洗っているという人は、食洗器を使用したところで節約の足しにならないのです。

 

 

食洗器は水の使用量が圧倒的に少ないために、水道代だけではなくそれにかかるガス代が大幅に削減できるというのが正解でしょう。ですが、食洗器には手洗いにはかからない【電気代】が発生します。

 

この電気代がかかるタイミングは、お湯を沸かす時と乾燥をしている時です。

 

食洗器はお湯で食器を洗います。そのお湯の温度は、40度から50度ほどですすぎの時には、80度以上のお湯を電気で沸かしています。

そのため、設置時には真水から水道を引いてしまうと一気にコストがかかりますので、給湯側から接続した方がコストがかかりませんので注意が必要です。

 

すすぎには高温のお湯を使用するので、すすぎ終了後にフタを解放すれば乾燥をしなくても食器は乾くのでその分の電気代がかからないでしょう。

 


使い方次第ではコスト高にも?なりうる食器洗い乾燥機ですが、上手に使えば手間も省けてコストも抑えられるのなら検討の余地もあることでしょう。

早速購入とはいかなくても、キッチンのリフォームを機に食洗器もと言うのもいいかもしれませんね。

 

happylifemoney.hateblo.jp

happylifemoney.hateblo.jp

happylifemoney.hateblo.jp

 

 

 

スポンサードリンク