読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーマネー&ライフ

幸せな生活を送れるようにお金のことを中心に、日々の生活に役に立ちそうな事を書いていきます。

スポンサードリンク

家賃や住宅ローンの月々の支払い目安は、収入の30%と言われていますが本当はどれくらいがベストなのか?

住宅ローン 住まい

f:id:miumaga:20160310212132j:plain

家賃や住宅ローンなどの住居費は給料の3割とよく言われています。

 

住居費というのは固定費で、節約等で下げられるものではありません。しかも、一度金額が決まってしまうと、何年も固定で支出して行きます。

 

給料の3割って結構なウエイトですよね?

 

30万なら9万円、20万なら6万円。こう書かれると、決して小さい数字ではないことが分かります。

 

では、住居費にどれくらい出せば丁度が良いのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

その前に、自分が生活にどれくらいお金を費やしたいのか、またどれくらいかかるのか、きちんと把握する事から始まります。

 

happylifemoney.hateblo.jp

 

収入の3割が住居費と言われていますが、この収入というのがポイントです。この設定を税込ベースで考えるのか手取りで考えるのかで金額が変わってきます。

 

例えば、30万円の3割を考えてみると…

 

税込金額での3割では9万円となります。そうなると、住居費は9万円が上限ということになります。

 

しかし、考えて見て下さい。税込金額30万円で、そのままあなたの口座に振り込まれる事は、ありえません。家族構成にもよりますが大体、給料30万円の人が手取りで25万円くらいです。

 

手取りの25万円で考えると3割は7万5千円となります。

 

実際に、家賃7万5千円としてどのように生活をすればよいかシュミレーションしてみると…

 

  • 家賃  75000円
  • 光熱費 20000円
  • 食費  30000円
  • 通信費 10000円
  • 日用品   5000円
  • 保険料 10000

※大体の金額なので、ご了承ください。

 

ここまでで、15万円の出費となっており、残り10万円となります。ここから、自分の自由に使えるお金と、車を持っていればその維持費が加算されます。

 

これが、一人暮らしならやっていけるのかな?と感じますが、家族4人暮らしだったら、ギリギリいけるのか?という金額になるかもしれません。車なんて持てたもんじゃない事が分かります。

 

これが、税込み金額30万円の3割で考えて9万円が家賃ですと、一人暮らしでも貯金まで回すお金が厳しい状況になりそうなです。

 

こうして考えていくと、住居費は収入の3割というのは厳しい金額になっていることが分かります。そう考えると、家賃の金額を決定する時は、上記の大体の生活費を当てはめて残った数字で考えた方が無理なく生活が出来るのではないのでしょうか?

 

上記の金額は、一人暮らしをするうえでは余る位の金額です。家計のやりくりがとても上手な人なら、4人家族でもやっていける数字かもしれません。

 

手取り額25万円の3割が7.5万円で、残りの金額が17.5万円となります。

この金額で、自分(達)が生活が出来るのかをまず考えてから、家賃を決定する考え方が良いと私はおもいます。

そこから考えると、住居費は3割できついのか?大丈夫なのか?見えてくると思います。

 

 

ちなみに我が家では、住居費は収入の22%~23%くらいでした。

貯蓄もボチボチできているので、パーセンテージとしては丁度が良いのかなと感じます。あとは、収入が増えていけば行くほどこの割合が下がっていくことを願います。

 

高い家賃を払えば、良い物件に住めるのは当たり前ですが、それで生活が苦しかったら意味がありません。

 

 

f:id:miumaga:20160310212243j:plain

住居費は20%くらいが丁度が良い

特に結婚した直後や、結婚を控えた若いカップルは特に、住居費は手取りの20%位を目指しておく方が良いと思います。そうすることで、貯金する余力が生まれてきます。その貯金で、自己投資をしても良いですし、将来のマイホームのための資金にしても良いと思います。

 

私の結婚当初は、それが出来なくて貯金どころじゃありませんでした。

皆さんも私のようにならないためにも、住居費の決定には慎重に行わなければいけません。

 

 

 

住む場所というのは、人の願望がじかに出てくると言います。誰もが良いところに住みたいと思いますし、私もそう思っています。しかし、良いところに住むだけが生活ではありません。住むところにお金をある程度かけることは必要な事かもしれませんが、やりすぎもいけません。

 

固定費である住居費を一度決めてしまうと、なかなか下げるのは難しいです。それを決められるのは、引っ越しをする時か、マイホームを購入する時です。しかし、住む場所を決める時って、ちょっと無理すればこんな家に住める、ここを我慢すればここに住める…と考えてしまいがちです。

 

 

それで決めてしまうと、その我慢を続けなければいけません。

 

あなたは、その我慢をし続けた生活は楽しいと思いますか?

 

生活をしていくうえで、支出というのは予想外な所からも結構来ます。

 

そんな時、無理して住んでいる我が家で、乗り切れるのでしょうか?

 

それを考えると、多少のランクは落ちるけど手取りの20%前後で住むところを見つけた方が生活にゆとりができるのかなと私は思います。

 

happylifemoney.hateblo.jp

 

スポンサードリンク