読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーマネー&ライフ

幸せな生活を送れるようにお金のことを中心に、日々の生活に役に立ちそうな事を書いていきます。

スポンサードリンク

マイナス金利政策でタンス預金、普通預金、定期預金どれが良いのか?

お金についてのコラム 貯蓄について

f:id:miumaga:20160325202833j:plain

マイナス金利政策で預金金利は、虫眼鏡で確認しなければ分からない程まで下がってしまいました。

 

そんな低金利時代の突入で、タンス預金・普通預金・定期預金どれがベストなのか?

考えていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

結論から言うと、私達の預金にはあまり影響はないでしょう。

そもそも、低金利は今に始まったことではなく、金利政策が始まる前の金利0.02%だったのですから。確かに現在の金利0.001%と数字を見れば下がってはいます。

100万円預けたら利息が200円から10円に変わったと考えるとわずかな変化で、どちらも資産が増えてお得だと言う金額でもありません。

 

 

アベノミクスで一部の物価が上昇しましたが、ユニクロなどが低価格路線に戻すなどで、実質の物価が上がりきらないのが現状です。お金の価値も下がってはおらず、元本を維持しているだけでも、実質的価値が増えていることになります。今のところはお金が大きく増えると言う事もないでしょうし、増えなくても問題はないでしょう。

 

しかし、政府が物価上昇率2%を目指している以上、少しでも有利な商品をえらび、資産を増やすと言う意識は持っておきたいものです。預金なんてどこでも同じだと思いがちですが、実は銀行によって預金金利には大きな差があるんです。

 

良い商品をしっかりと選ぶことが出来れば、メガバンクよりも高い金利を得ることが可能です。低金利を嘆いてそのままよりも、前向きな行動でより良い商品を選ぶようにしましょう。

 

 

 

さて前置きが長くなりましたが、タイトルにある通りタンス預金・普通預金・定期預金について考えてみましょう。

 

 

まず、タンス預金ですが、金利もこうまで下がってしまうと、タンス預金の方マシだと考える人も一定数いるはずです。結論から言うと、タンス預金は一番いけないと言う事です。

 

タンス預金ならマイナンバーで資産が捕捉されないと考える人がいるかもしれません。しかし、自然災害や盗難の被害で失ってしまう可能性がゼロではありません。金利が付かず一切増えないと言うだけではなく、全くゼロになると言う事もあるのです。

インフレが起これば、その恩恵を全く受けることも出来ないばかりか、目減りする一方かもしれません。

 

すぐに換金できる流動性は抜群に良いタンス預金ですが、資金の保護に関する安全性や利息などの収益性を考えると絶対やってはいけない預金の方法かもしれません。

 

 

そうなると、残りは普通預金と定期預金となる訳ですが、こっちが有利だからそれにしましょうと言うより、資金の性質によって使い分けるのが良いでしょう。

 

いくら定期預金の金利が良いからと言って、全ての資金を定期預金にするのはいけません。日々の生活や病気・ケガ、冠婚葬祭などの急な出費に備えて生活費の3か月程度はいつでもおろせる流動性は確保しておきたいものです。そんな資金は、普通預金に預けるのが一番です。

 

 

それ以外の教育や住宅などの未来に使う予定のお金には、元本を守りながら増やせる定期預金を利用しましょう。

 

 

 

銀行に預けているからと言って、絶対に自分の資産は安全と過信しすぎるのいけません。もしもの破たんに備えて預金は分散させるようにしましょう。

 

現在、普通預金・定期預金は預け金保険の対象で、元本1000万までとそれにかかる金利は保証してくれます。しかし、それを超える分は保護されませんから、マイナス金利政策で銀行の疲弊が考えられる現在は、一つの銀行に就き1000万円までを目安にするのが無難でしょう。

 

 

 

また、お金の運用について金融機関に相談するのはいけないそうで、金融機関も商売なので、嘘は言わないがメリットを強調してデメリットはモゴモゴと濁すそうなので、あてにはならないと言う事は覚えておきましょう。

 

happylifemoney.hateblo.jp

happylifemoney.hateblo.jp

 

スポンサードリンク