読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーマネー&ライフ

幸せな生活を送れるようにお金のことを中心に、日々の生活に役に立ちそうな事を書いていきます。

スポンサードリンク

楽に貯蓄できている人はみんな「生活コスト」を下げる事を意識しています。

貯蓄について

f:id:miumaga:20160329221942j:plain

以前生活コストの記事を書きましたが、実はお金を貯めるのが上手な人は、生活コストを低く抑える事を実践している人が多いそうです。

 

そこで、生活コストを下げるにはどのような事をすればよいのかを書いていきます。

 

 

スポンサードリンク

 

生活コストを下げる=最低限の支出に抑える

 

生活コストをとは、住居費や光熱費、食費、通信費などの普段の生活費事です。この生活費を下げることによって、楽に貯金が出来るようになるのです。

 

私たちは、収入が上がるとついつい生活水準も上げてしまいがちです。20代の頃は15万円でやりくりしていたのに、結婚して共働きになり世帯収入が増えると、毎月平気で50万ほど使ってしまうようになります。

 

その理由は、外食が増え、電気のつけっぱなしが増え、割高な食料品を買ってしまうなど、少しずつ支出が増えていき、生活コストが上がるのです。

 

 

最近は、共働きの家庭も増えてきました。独身の方でもここ数年のアベノミクス効果でボーナスが増えたり、ベースアップがあったりして収入自体は増えている人も多いはずです。

 

支出だけを数年前のお金のゆとりのないころの状態に戻してしまえば、毎月上がった収入分のお金が余るようになるのです。貯金が上手な人は、生活コスト事態を下げることによって、お金を余らせて自然と貯金が出来るようになっています。

 

 

 

生活コストを下げる方法

生活コストは、日々の生活費と先ほど書きました。ですから、冠婚葬祭費であったり、車の買い替え、マイホーム購入などの特別な支出については考えません。

むしろ、良い車を買いたい、こだわった住宅に住みたいなどの自分のやりたいことにお金を掛けた方が良いでしょう。その自分がやりたいことにお金をかけるために、普段の生活費を抑えると言うのが、資産を増やす現実的な方法です。

 

今の時代、収入が劇的に増える事などあり得ません。いかに支出をコントロールして生活コストを下げるかが、より良い暮らしを実現させるポイントと言えるでしょう。

 

happylifemoney.hateblo.jp

 
どうでもいいことにお金をかけない

例を上げると、ファッションへのこだわりが特にないなら、リサイクルショップを利用したりでも満足できるはずです。そもそも、衣服やバックの数などは沢山ある必要はありませんので、必要な分だけ持っていればよいのです。

自分が重視していない事は、常識的に見て失礼に当たらない程度位に抑えておきましょう。逆に自分が重視する事については、ケチケチせずにお金をかけても良いでしょう。

 

 

 

より安い商品・サービスを探す

携帯電話や散髪などのサービスは、より安い商品やサービスで代替が出来るのであれば、安い方を選ぶ意識を持つようにしましょう。これも、自分のこだわる部分は、お金をかけても良いと思いますが、こだわりが多くなればなるほど、生活コストはかさんでしまうので注意しましょう。

あまりにもこだわりが多いようなら、こだわり事態をはやりの【断捨離】する事も考えましょう。

 

 


高額な固定費から減らす

高額な固定費として、住宅費がありますが、これを下げるだけでかなり家計にゆとりが出るはずです。賃貸なら、家賃の安いところへ引っ越ししたり、住宅ローンを早めに完済するなども検討しましょう。

 

他にも、保険料や通信費なども探せば安くできるものがたくさんあるので、早めに見直しをしましょう。生命保険なら、同じような保障内容でも、ネット生保やソニーオリックスなどのカタカナ生保であれば格安です。

通信費の方も、格安スマホを使用したり、一人暮らしであれば家のネット環境もスマホWiMAXなどを使うことで圧縮できます。有名どころでは、【BIGLOBE】 がありますので、興味のある人は覗いて見て下さい。

 

 

 

期間限定でもいいので生活コストを下げてみよう

若くても、夫婦共働きの世帯だと世帯収入が40万~50万と言う家庭も珍しくありません。さらに、貯金上手な家庭だと生活費が30万位で毎月20万以上の貯蓄をしている家庭もあります。月に2万~3万円の貯金しかできない家庭とは、10倍もの差が出来てしまいます。

 

まとまった貯金が無い人は、思い切って期間限定でも良いので生活コストを下げて、一気に家計の黒字化を図ってみてはいかがでしょうか?

 

マイホームの購入や車の購入などのお金が必要な人も、一時的に生活コストを下げることで、その夢が早く実現できるかもしれません。

 

 

スポンサードリンク