読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーマネー&ライフ

幸せな生活を送れるようにお金のことを中心に、日々の生活に役に立ちそうな事を書いていきます。

スポンサードリンク

自宅やマンションの空き家で宿泊施設として提供する民泊は儲かるのか?

投資 副業のすすめ

f:id:miumaga:20160802200755j:plain

今、サイドビジネスや投資目的で民泊がにわかに注目を集めています。

 

訪日外交人の増加による宿泊施設の不足が深刻化しており、東京や大阪のビジネスホテルは、外国人観光客の滞在で稼働率が90%を超えているそうです。日本中を飛び回っている出張客がホテルの予約が出来ないと言う事態になってもいるのです。

 

こうした背景もあり、民泊ビジネスが千載一遇のチャンスと言う訳なのです。

 

 

スポンサードリンク

 

政府は、訪日客を4年後には4000万人倍増させる考えでいると言う事は、東京五輪の記事でも書きました。そのため、宿泊施設不足解消のために、ルールに則した民泊を普及させる法案を提出する方針だそうです。

 

すでに、13年に制定された国家戦略特別区域法による特区法では、旅館業の許可が無くても一定のルールの下で民泊が認められるようになりました。ここから、民泊ビジネスが始まったと言えるでしょう。

 

 その際に有力なシステムが、ネットを通じて貸し手と借り手のマッチングをサービスする、Airbnbと言うサイトがあります。アメリカ発祥のこのシステムは、世界191カ国34000以上の都市に展開されており、延べ200万件以上の物件が掲載されています。

 

民泊ビジネスを行うのならまず、このAirbnbを利用して手掛けると言う人がほとんどでしょう。私自身、民泊ビジネスを行っているわけではありませんので、偉そうなことは言えませんが、この民泊を始めるにあたって気を付けなくてはいけない事を少し押さえておきましょう。

 

まず、一つは日本と欧米の風習の違いで、欧米では見知らぬ人に有償で自宅を貸すと言う行為が普通に行われてきましたが、日本ではそうではありません。そのため、貸し手と借り手だけのトラブルだけではなく、周辺住民とのトラブルも起きやすいのです。

 

また、そのトラブルを防いだり解決する法整備なども我が国では出来ていないのも現状です。

 

なので、ただ需要があるからと安易に参入するのもどうなのかと言う事です。

中には、月に数十万円を稼いでいる人もいるようですが、逆に中々予約が入らなくて、初期費用も回収できていない人も実際にはいるのです。

 

 

 

次に、民泊を行う形態を考えていかなくてはいけません。

形態には、自分が居住する家の一室を貸し出す【ホスト居住型】と所有する空き家などを宿泊所とする【ホスト非居住型】があります。民泊と聞くと、前者を思い浮かべる人が多いようですが、実際にビジネスをしている人の8割が後者で、海外でも同様です。

 

その理由として、ホスト居住型の場合は、宿泊者と住居者がバス・トイレを共有するために、衛生管理が難しく、旅館法に接触する恐れがあるのです。なので、やりやすいホスト非住居型の方が主流なのです。

 

今の仕組みでも、ホスト非住居型を推している所があり、国家戦略特区の中の大田区では、ホスト住居型を認めていないところもあります。その点を踏まえると、民泊ビジネスと言うのは、新たに物件を購入して更に管理も他人に任せる投資目的の方が圧倒的に多いのが現状と言う事です。

 

それじゃ、アパート経営と何ら変わらないのではないのかと言うと違うようで、民泊の場合は、人の回転率が高くないと収益性が保てません。長期滞在の人よりも短期滞在のゲストを多く入れた方が確実に収益性が高くなるようになっています。

 

場所選びも、訪日外国人のニーズを拾う必要もあり、彼らは一般的に空港からリムジンバスの乗り場が近い、ターミナル駅から10分以内と言った物件をチョイスする必要があります。

 

 

結論として、物件を民泊に使用したからと言って必ずしも儲かるとは限らないと言う事です。儲けの決め手は立地で、専用のサイトなどを見て稼働率の高い地域(エリア)を選ぶことが重要です。

 

 

スポンサードリンク