読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーマネー&ライフ

幸せな生活を送れるようにお金のことを中心に、日々の生活に役に立ちそうな事を書いていきます。

スポンサードリンク

お金を稼ぎながら、放置自転車と言う社会問題を解決してくれる!?放置自転車ビジネス!!

副業のすすめ 投資

f:id:miumaga:20160518133032j:plain

そんなに新しい本ではないのですが、放置自転車ビジネス開業マニュアルと言う本を読みました。

 

日本で放置自転車が社会問題化したのは、昭和50年代後半だと言われています。

現在は法律が整備されたり、駐輪場が増えてきたりの対策が取られたこともあり減少傾向にあるようですが、駅周辺に放置された自転車は年間10万台以上にも及ぶと言います。

 

そんな放置自転車を取り扱いビジネス展開をして儲けましょうと言うお話です。

 

 

スポンサードリンク

 

そもそも放置自転車は、邪魔だからポイと言う訳には行かないらしく、放置自転車に撤去の警告を張ったり、実際の撤去作業は業者に頼み1台数千円の費用を払って撤去しているのだと言います。

もちろん、この費用は地方自治体で負担しているので、私たちの税金から賄われているのです。

 

 

実際の本の内容ですが、放置自転車の現状についてはそれなりに的を得ている所もあり、日本での放置自転車の現状は分かります。

 

これまでの自転車購入と言ったら新車購入と言う常識を打ち破って、必要な人が必要な時に柔軟に自転車を手に入れることが出来る仕組みを作ることが出来るようです。

 

気になるビジネスの概要として、放置自転車を有償で撤去し、使えそうなものは直して中古品として販売するか、分解して鉄くずとして売るというものです。また、日本の自転車は海外にも需要があるようなので、海外のバイヤーに1台数百円で売ると言った具合です。

 

 

ここで放置自転車はどこで仕入れるのか?というと…

 

そもそも放置自転車がどこにあるのかという事になりますが、真っ先に思い浮かぶのが、駅前に放置と言ったイメージです。しかし、駅前などはJRや自治体の管轄なので一個人がおいそれと撤去できません。

 

そこで狙うのが、大学のキャンパスや就業住宅などの私有地です。

これらの場所にも台数が放置されていて、その市場は結構大きいとの事なのです。

 

 

わが国では、人口は減っているが自転車保有台数は逆に増えていくので、このビジネスは安定的に事業が出来ると言うのです。また、時代に流されることもなく堅実、かつ地域に根差した社会に役に立つビジネスと言う点もポイントです。

 

 

まぁ、ザックリ説明するとこんな感じのビジネスですが、この手の本に必ずと言って良い程書かれている誰でもできるという文言からこのビジネスを考えてみます。

 

 

このビジネスを成功のカギは、

 

放置自転車の安定した入手と売るためのルートの確保!

 

放置自転車は駅前の自転車に手が出せないとなると、大学と集合住宅を狙う事になるのですが、いきなり大学へ行って放置自転車ありませんか?と言っても門前払いでしょう。

 

廃墟不動産投資の記事でも書いたように、取材力とコミュ力が必要となります。

 

個人的には廃墟不動産投資よりは、ある程度の組織にそれなりの提案をしていくのですからビジネスとしてとっつきやすい感じはします。自分はビジネスをしているぞと言う実感はあるかもしれません。

 

 

放置自転車の確保と言うの一つの山場を越えたら、次は自転車をお金に変える作業をしなければいけません。お金に換えるのには、自転車を売るのですが、その方法として紹介されているのは、

 

整備して中古販売、輸出業者に売る、ばらして鉄くずへ

 

と紹介されています。

 

 

この中で一番敷居が低そうなのは、ばらして鉄くず屋さんでしょう。

 

ある程度の都市であれば、鉄くず屋さんはあるでしょうし、交渉も比較的簡単に行くと思います。しかし、鉄くずの引き取り価格が㌔何10円~15円だったりしますので、

量をこなさなければ儲けが出ないかもしれません。

 

 

残りは輸入業者と中古販売ですが、輸出業者に関しては、業者を探すまでが苦労しそうなのと、大体その業者は外国人の事が多いので、きちんとビジネスをしてくれるのかが心配です。

 

一方で、中古販売の方は、自転車の保管場所の問題と販売ルートを確保しなければいけません。

 

 

以上のように放置自転車の確保と販売ルートの確保さえしっかりできれば、自分のペースで儲けたいだけビジネスに取り組めることでしょう。

 

始めるには、本書にも書いているように多少の投資は必要になります。

投資と言っても、古物商の免許の手数料や軽トラを入手する費用で何百万とかからない事でしょう。

 

 

このビジネスはお勧めなのかと言われたら、この本を鵜呑みして初めても…って感じはします。簡単に出来そうな感じは本を読むと受けますが、実際は…と言う感じです。

しかし、着眼点自体は悪くないと思いますので、色々と応用できる人ならやっても良いかもしれません。

 

本書で放置自転車のFC加盟の紹介をしているようですが、儲けるならFC加盟しないでやった方が良いと思います。ネットでの評判も、このビジネスのFC加盟させるためのカモ本とも言われていますので、話半分くらいで読んでみるのが良いかもしれません。

  

 

 

知識ゼロ、元手6万円で月100万円![放置自転車ビジネス]開業マニュアル

知識ゼロ、元手6万円で月100万円![放置自転車ビジネス]開業マニュアル

 
スポンサードリンク