読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーマネー&ライフ

幸せな生活を送れるようにお金のことを中心に、日々の生活に役に立ちそうな事を書いていきます。

スポンサードリンク

老後資金は3000万円必要とよく聞くが、実は1500万円位で良い

老後のお金

f:id:miumaga:20160328224431j:plain

老後資金でネット検索をしていると、よく【老後資金は3000万円必要】と言うのを良く見かけます。

中には、1億円必要と言う人もいれば、5000万円と色々な意見があり、仮に3000万円必要だとしても、果たしてこれから私たちはこんなに貯金が出来るのかと更に不安が増します。

 

流石に老後の資金1億円は、年金がもらえなく、住む所も手配して、貯金もないままに、老後を迎えたら必要かもしれませんが、65歳から85歳くらいまでの20年で1億円はいくら何でも多すぎるかもしれません。

 

そんなよく聞く老後資金の3000万円の根拠はどこから出てきているのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

よく聞かれる3000万円と言う金額は、会社を辞めて公的年金以外の収入がなくなった時の必要な支出に対して、年金では足りない分の事を指しているようです。

 

当然なのですが、そういった事は人によって違うわけです。

こういった事は、前提として夫婦2人と言うのが多いですから、独身の人はまた違った解釈が必要になります。そう意味でも、一口に3000万と言うのは、ざっくりした計算なのです。

 

前提として、

  • 夫婦2人の暮らし
  • 二人は65歳で無職
  • 夫は現役時代に会社勤めをしていて厚生年金がもらえる
  • ふたりはそれぞれ平均的な寿命まで生きる

 

と考えて書いていきます。

 

2015年の家計調査で、夫が40年間会社員で、妻が専業主婦の場合で年金受給者の平均は夫婦で約20万円ほどということです。

ちなみに、単身世帯ですと約14万円で、これくらいでしたら単身者で平均的な暮らしをするのには一応大丈夫と言ったところでしょうか?

 

一方で、どれくらい生活費がかかるのかと言うと、夫婦2二世帯の消費支出は月に約24万円とのことです。

 

また、65歳の平均余命は、男性18.89歳女性23.82歳となっているので、老後の暮らしを20年と仮定します。

 

この条件で、分かりやすく計算をしてみると…

 

支出
24万円×12か月×20年=5,760万円

 

支出の総計は5760万円以上となります。

 

一方で収入は、年金となるわけですが、これが月平均20万と言う数字なので20万として計算すると、

 

収入
20万円×12か月×20年=4,800万円

 

よって支出5,760万円-収入4,800万円=差額960万円となるので、1,000万円程度の準備があれば、最低限の暮らしは出来るという計算になります。

 

これはあくまでも概算です。国民年金だけだったら満額で年間78万ですし、今後減っていく可能性もあります。また、厚生年金も平均月収が30万円だった人が40年収めても、年額79万円程度にしかならないそうです。

 

この計算通りにもらうには、月に60万円の収入が無ければ年金額が20万円にならないそうです。現在の平均年収が400万前後と考えると、年金額20万を貰える人の方が少ないのかもしれません。

 

月60万円の収入があった人が、月20万円になるのですから、そのままの生活スタイルを変えていかなければいけません。「老後資金3,000万円」と言われるのは、このギャップを埋めるためのひとつの指針だと考えることもできます。

 

 

 

では実際に、老後資金はどれくらいあれば良いのでしょうか?

  

住宅

私は、住宅を購入したので、このまま働いて現役を引退して65歳くらいになっている頃には、住宅ローンなどの住まいの不安はある程度目途がついていると思います。ある程度の、修繕は必要かもしれませんが、とりあえず住む所は困らないと思っています。

私のように、住宅を購入していなくても親に持ち家であれば、そこに住むと言う選択肢もあります。

 

仕事

現在は、日本中どこでもネットが繋がる環境になってきています。やろうと思えば、ネットで仕事をすると言うこともできることでしょう。また、シニア向けボランティアやシルバー人材センターなどに登録しておくと、人に喜ばれかつ、時給700円~1000円くらいの収入が得られるそうです。

このような活動をしていけば、年金で足りない部分を補てんできるかもしれません。

 

実際住居費の記事で書いた生活費を当てはめていくと、

 

・家賃  75000円
・光熱費 20000円
・食費  30000円
・通信費 10000円
・日用品  5000円
・保険料 10000円

    計 150000円

 

家賃は、ローンが無いので払わなくて良いと考えると、生活費が75000円と言う計算になります。そう考えると、年金が20万円なくても何とかやっていけるんじゃね?と言う気にはなってきます。持ち家で、住宅ローンが無ければ何とか10万円位で最低限の暮らしは出来そうな気がします。

 

それは、あくまでも健康なうちであって、老後の不安はそれだけではありません。

老後の不安として、医療や介護費について考えなければいけません。

 

まずは、介護費の統計として、一人平均で約526万円、2人だと約1000万円超える位となるそうです。これを20年で割って更に月々に換算すると、月に4万円~5万円位になります。

 

医療費については、高額医療費制度と言う医療費を軽減する制度があります。

70歳以上だと、一般的な収入の人ならどんなに高額な治療をしても、月に4万4000円以上はかからないようになっています。しかも、この制度は、夫婦の費用を合算できますので、夫婦で入院して月100万円の治療を受けたとしても自己負担は4万4000円ということになります。

 

最近では、精神的な病気以外は1か月以内に退院させられるケースがほとんどなので、通院の場合は、この費用がさらに安くなることでしょう。

それを考えると、老後の医療費は200万~300万円位を取っておけば何とかなるのではないのでしょうか?

その他に、葬式代として100万前後残しておけばよいと思います。

 

  • 介護費1000万
  • 医療費300万
  • 葬式代100万
  • その他100万

 

これで1500万円となります。

最低限これ位のたくわえがあれば、普通の老後を送ることが出来るのではないのかと思います。

 

では、この1500万円はどれくらいから準備をしていけばよいのでしょうか?

 

老後の資金は、50代から始めても遅くはありません。

 

そもそも、 私たちが老後を迎える前に、住宅ローンと教育費と言う2つのハードルを越えていかなければいけません。それを超え終わるのが、ちょうど50代になってからです。そして、最後のハードル老後資金を超えるには、定年退職の10年くらい前までにしっかりお金を貯めていきましょう。

 

今まで子どもにかかってた教育費を貯金に回して、配偶者にもパートなどが可能なら月に、7万~8万くらい稼いでもらい、月に12万位貯金できれば10年で1500万円を貯めることが出来るでしょう。パートが出来なくても、現在の50代のサラリーマンで普通に働いていれば、会社を辞める時はそれなりの退職金を貰えると思います。

 

全員が退職金を貰えるわけではありませんし、月に12万円を貯金できるくらいの収入があるとは限りません。そんな人は、やはり現在の収入よりもプラスアルファで副収入を得る仕組みを考えた方が良いかもしれません。

 

スポンサードリンク