読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピーマネー&ライフ

幸せな生活を送れるようにお金のことを中心に、日々の生活に役に立ちそうな事を書いていきます。

スポンサードリンク

お金の流れが良く見える方法

結婚後の家計管理術

f:id:miumaga:20151207222603j:plain

お金について話し合える夫婦は貯蓄が増えやすいという記事で、お金で揉めない夫婦になりましょうと書きました。

 

そうなるために、新婚時代から心がけてほしい事それは、

 

お金について透明度の高い家計を作る事 です。

 

そのためには、夫婦の財布は一つ が良いとされています。

 

家計のお財布を一つにすることで、家計全体のお金の流れも見やすくなります。

 

スポンサードリンク

 

新婚や同棲カップルの頃は、共働きが多く生活費を出し合っているカップルが多い傾向にあります。お互いが決めた生活費の分を出した残りが、それぞれの自由になる金と言うシステムです。

 

このシステムは、家計費の分担が分かり易いと言うメリットがあるのですが、自分の責任分を払った後のお金の多くは、自由に使えてしまうと言う面もあります。この自由に使えてしまうと言うのが、貯蓄側の観点から見ると、デメリットになってしまうかもしれないのです。

 

この【自由に使えてしまう】システムは、貯蓄を増やしづらくしていると傾向にあります。いくら自由に使えるからと言って、多くの人はその中から貯蓄もしているはずなんですが、財布を一つにしている夫婦は、時間の経過ともに貯蓄が増えているに対して、そうでない夫婦は、貯蓄の増え方に波があるケース目立つと言う結果が出ました。

 

年齢の割に貯蓄額が多い夫婦のほとんどが、お財布は一つにまとめている と言う人が断然多いのです。

 

 

f:id:miumaga:20151207223005j:plain

 

家計費を出し合う管理法は、共働きの子供のいな夫婦や新婚時代に結構多くて、家計費として出た残りが、こずかいになりがちな事から、貯蓄額増えにくい傾向にあり、使途不明金が非常に発生しやすいのです。

 

 

共働きの妻の貯金は1000万以上、夫の貯金額は100万円と言うのを聞きます。

 

その理由は、

 

自分が家計費として出したお金以外は、使っても構わないと思いがちなのです。

 

特に男の人にこういう傾向があるようです。

 

 

そうならないために、家計を一つにまとめた方が貯蓄ができやすいのです。

 

 

 

子供が産まれる前や子供が小さい時など、結婚生活は徐々に変化していきそれに伴い、家計のやりくり事情も変化していきます。子供の教育費の負担が重くなると、今までのやりくりでは貯蓄できなくなる家庭も増えてきます。その時に、家計の管理方法を変えてやってみようとしても、長年の習慣はなかなか変えられるものではありません。

 

そういう意味では、新婚のうち収入も生活費も一本化してしまうのがおススメなのです。新婚のうちにこのルールを決めて、週間にしてしまえば、家計の状況が変わるごとに夫婦で相談していけばよいのです。

 

夫婦の収入を合算して家計を一つにまとめるのです。

 

これを家計管理の基本として、お金について透明度の高い家計を作っていきましょう。

 

happylifemoney.hateblo.jp

 

 

スポンサードリンク